« 日記、そしてたった1人の読者へ | トップページ | 病気は才能 »

解毒の日々と佐野元春

あたしさあ、仕事始めてからの1年半さあ、

なんかやっぱり身も心もボロボロになってたみたい。

心なんてすごい荒んでたかも。

夏からの病気によって、どんどん毒を出してる気がする。

心が綺麗になっていく・・・☆

震災後、気になってたのが、32年来の親友Kayoのこと。

彼女は、原発事故への怒りから、立ち上がり、いろいろ行動してる。

それであたしへのメールも、「きちんと放射能のこと考えて過ごしてください。」みたいな、上から目線~と思えてしまう内容が多々あり・・・、

あたしだって考えてるけどさ・・・、

やみくもに原発反対って叫ぶことに抵抗あったし、

そんなことKayoに伝えたら、100倍になって反論されるのがめんどくせ~とか思って。

あたしが身体が弱いことで、姉のように説教されるのもうざかったし、

髄膜炎のことも全く伝えなかったんだ。

でも心のどこかで自分自身が腑に落ちなかった・・・。

そして先週、今まで忙しくて全然観ることができなかった、元春の30周年アニバーサリーライブをやっと観ることができたんだけど・・・

泣いたなんてもんじゃない!!!

2年分の毒素を出し切るぐらい涙を流した!!!

あたしって、単純でバカで、大した者じゃないんだけど、

元春のファンであるということだけは、すっごく偉い!

自分で自分を褒めてあげたい。

それほど元春は最高!

彼が日本人であることを誇りに思うし、日本も捨てたものじゃないと思う。

あたしは割と新しい元春ファンなんだけど、それでも彼を見つめて20年の時が流れてる。

ライブ視聴中に、この20年間の出来事が、走馬灯のように流れて、

自分の心のピュアな部分だけをえぐりとられたようになって・・・、

あたしを元春へと導いてくれたKayoに無性に会いたくなった。

Kayoと過ごした純粋で美しい日々・・・

忘れてたよ。

どんなに大切な人か。

どんなに愛しているか。

ごめん・・・ごめんね、Kayo。

最近、こんな風に、忘れていた大切なことがどんどんよみがえってる。

自分の原点をいつも思い出せるように過ごしていきたいね。

特に、元春は・・・、

あたしのことなんてもちろん知らないけど・・・、わかってくれてるんだよなあ。

心はいつも側にいるってやつ。

語りかけてくれる、思い出させてくれる。

もう二度と元春から距離を置いたりしない。

ずっと寄り添っていきたい。

そしてKayoときちんと向き合っていきたい。

|
|

« 日記、そしてたった1人の読者へ | トップページ | 病気は才能 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「人は人」と自分との違いを認めてその上で受容するのは難しいけれど、自分にとっては成長というか刺激というか、難しいなりに価値があるというか、そうありたいね。

all or nathing ではないよね^^b。

投稿: AYU | 2011年11月14日 (月) 08時51分

つづり間違えました(笑。
nothing だわね☆ごめんね^^;

投稿: | 2011年11月14日 (月) 08時53分

あゆちゃん

いつもありがとう♪

ただの友人だったら、イヤだったら付き合わなきゃ良いけどね・・・

身内や、姉妹同然のKayoや、あゆちゃんのようなソウルメイトとの関係は、神様が与えてくれた人生の喜びと学びなんだね。

投稿: きょん | 2011年11月16日 (水) 23時39分

100倍にして、、、返さなかったでしょ(笑)。返せるわけないじゃん。半泣きでしたよ。あたしが実は弱い人だと知っているじゃないか。

投稿: かよ | 2011年11月21日 (月) 22時43分

かよ

知ってる知ってる(笑)。

しかし、今回のやりとりは泣けた・・・ね☆

解毒した私は、
あれからじっくりいろいろ考えて、
「袖ヶ浦市 放射能から子供を守る会」に賛同して、署名することにしたよ。

投稿: きょん | 2011年11月22日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261182/43001512

この記事へのトラックバック一覧です: 解毒の日々と佐野元春:

« 日記、そしてたった1人の読者へ | トップページ | 病気は才能 »