« あと5カ月 | トップページ | 本番に向けて調整 »

しみじみと愛しい人生

長男は、ありえないぐらい恩師に恵まれます。

「ちょっとちょっと、うらやましすぎだよ~あたしもそんな先生に出会えてたら・・・あんなに無気力な学生じゃなかったのにさ~」

と、心底長男をうらやましく思うほどです。

小学3年生の時の担任の先生は、特に素晴らしい方で、長男が4年生になるのを見届けることなく、亡くなってしまったのだけど、先生を想うととても温かい気持ちになる。

今でも天国から見守ってくださってる気がするんだよね。

そして・・・中学生となった長男の緊張の1年間を温かく見守ってくださり、強張った心を解き放ってくださった、大好きな担任の先生が、転任のため、長男の中学校を去ります。

28日は離任式で登校日となります。

先生には、ありがとうございました・・・の言葉しか出てこないです。

なにか贈り物をしたかったので、自分がもらったら1番嬉しい”本”を選びました。

国語の先生だから読書家だろうし、僭越かなあと悩んだけど、気持ちだからね。

大好きな瀬尾まいこさんをチョイスしました。

なんか・・・春だなあ、という切ない想いでいっぱいです。

しかし今日はお天気も良く・・・しんどい現状を癒してくれました。

母の体調は相変わらず優れないし、チビまで夕方高熱でダウンしてしまった。

それでも、最近あたしのテーマは

「自分以外の人のために頑張る」

なので、毎日ありがたく過ごしてる。

だってさ~、今年40歳だよ?

あたし、こんなに生きられると本当に思ってなかったんだよね(笑)。

こ~んな、おまけの素敵な人生いただいちゃったら、

もうただただ愛する人たちのために尽くそうって思うよ。

それで、こういう気持ちがこんなに幸せなものだと思わなかった。

今まで、自分中心だったことが恥ずかしく、でもまあ懐かしい想い。

それはそれで良かったんだよ。そういう時期だったんだよ。

もしもね、あたし、更に生きられて、60歳とか迎えられたらさ、

その時は・・・孤独なほど自由を味わいたいな。

子供たちも母も・・・もうあたしを必要とする人は、その時近くにはいないだろうから、

こちらから見知らぬ社会に出てって、できる限りのボランティアができたらいいな。

病気で寝たきりは避けたいな。

末期がんでも、自宅で衰弱していく自然死ができたら嬉しいな。

日々ぞっとするほど1人の寂しさをかみしめるんだろうな。

迎えくる死を意識しながら、人生の整理ができたら最高です。

とにかく今は。

子供のこと、母のこと、だれがなんと言おうと優先したいの。

自分のことは後回しでいい。

逆に、そのことが原動力となって、社労士受験というものが今のあたしにはある。

この10年を振り返っての反省から生じた強い決意。

期待してくれた周囲への恩返し。

ここで取らなきゃ女がすたる。

今日はようやく2012年度試験用の過去問を購入しました。

2800円でした。

知名度とか、著者にとらわれず、手に取ってみてしっくりくるものを、じっくりと選びました。

LECでもTACでもどこでもなく・・マイナーな問題集ですが、

条文順になってて、ものすごくシンプルで、

「これだ・・・これしかない」と、インスピレーションで決めました。

条文・・・条文の理解が実は重要な試験なんだよね。

社労士も法律の勉強なんだな~なんて当たり前のことに感慨深い気持ち。

ありがたく勉強していこうと思います。

|
|

« あと5カ月 | トップページ | 本番に向けて調整 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いい先生に恵まれるって、大切なことだよね^^。よかったね。
60って、あと約20年…うちの祖父母3人は92、94、94の大往生だったので…本当に親の介護やお見舞いで必要とされてたりするんじゃないかなって私は思っています…^^;。希望的観測では長男君は33才で孫の子守の為に必要とされるかもよ???ふふふ…。子や親の為は大前提で、それ以外の誰かの役に立つためにも、健康でいたいねって私も思う♪日々笑って笑ってナチュラルキラー細胞を増やして免疫力アップだよ!!
問題集もがんばってね♪

投稿: Ayu | 2012年3月28日 (水) 00時56分

あゆちゃん

いつもありがとう♪

確かに・・・親の介護とか孫の世話とかさせてもらえるのなら、本望だけど・・・

あたしね、1番怖いのは”孤独”だと思うんだよね。

だからこそ、覚悟しておかなきゃって。

孤独で・・悲しいぐらい自由って、どんなものだろう、って怖いもの見たさもあるしね。

死ぬまで身内に必要とされてたら、それはとても幸せなことだと思います。

投稿: きょん | 2012年3月29日 (木) 10時56分

なるほどね☆「怖い」って言う気持ち私もだよ。親しい人を失いたくない。だからこそ人は人を大切にできるんだと思うしね♪人は一人では生きられないって、私は思っているからさ。未来の周囲の状況は自分の努力ではどうにもならないこともあるかもしれないし、神のみぞ知る未来だよね♪

投稿: A^^b | 2012年3月30日 (金) 08時03分

あゆちゃん

とにかくいつも”最悪の状況”を想定してしまうんだよね。

だから、30代で『おひとりさまの老後』も読破したしね(笑)。

おかげさまで、どんな未来もどんと受け止めてみせる覚悟です。

投稿: きょん | 2012年3月31日 (土) 01時14分

私もその本30半ばで買って持っているよ~(笑)。そうそう、どっちに転んでも幸せ♪って人は強いと思うよ♪大丈夫!^^b

投稿: Ayu | 2012年4月 1日 (日) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261182/44658347

この記事へのトラックバック一覧です: しみじみと愛しい人生:

« あと5カ月 | トップページ | 本番に向けて調整 »