« 最後の苦言 | トップページ | パソコン強制終了 »

1年間考えてきたこと

3・11は社労士勉強もろくにせず、NHKの映像を見て、あの日から1年を振り返っていました。

原発に関しては、本当にこたえが出なくて、

一体どの情報を信じればいいのか、頭を悩ませ続けました。

「自分で、何が正しくて何がそうじゃないのか判断するしかないでしょう?」

と、相談した親友からメールで喝を入れられたけど、

むやみに反対と叫ぶことに抵抗があったのだ。

原発がなくても電力は足りるとの親友の言葉に安心し、新しいエネルギーにも変換できるとのことで、ホッとしたけれども、

じゃあ、本当にこの言葉を信じていいのだろうか?

日本はこれだけ原発依存してきて、これからの原発廃炉で、

メーカーや、工場を抱える企業は本当に大丈夫なんだね?(これは結構、社労士目線入ってるよね)

新しいエネルギーに変えていく莫大な予算はどこから出すのかな?

そして、原発を抱える地元の住民の皆様は、これまで相当な恩恵を受けてきたとのことで、いまだに東電を「東電さん」と呼び、批判はしないと、小林よしのり氏の著書で読んだ。

地元の方に意見を聞くのは重要なことだ。

だからそんな様々な立場の人々に思いをはせると、こたえがでなくなってしまうことが続いた。

そんな中、あたしの心を揺さぶったのは、福島の農家の方々の、震災後。

ちょっと・・・言葉にできないです。切なすぎて。

このなんの罪のない方たちが受けた被害を考えると、

もう原発は、絶対に廃炉に向かうべきだと思う。

地震対策を万全にしたって、どこからミサイルが飛んでくるかもしれないでしょ、その最悪の事態を想像したらね、

日本経済が衰退しても、全国民で痛みを分かち合いながら、

原発のない社会を目指すしかないでしょう!

そして、福島の方々の叫びをあたしはしかと受け止めることにする。

「食べ物に気を付けて!」「常に放射能を意識して!」との親友からの助言に従いながらも、腑に落ちない部分があったのは・・・

自分が福島県民だったらどう思うか、ってこと。

子供を守るために、できる限りの気は使うけれども、

福島産を避ける動きにはどうしても抵抗があった。

だから、こっそり福島のきゅうりなど口にしていたよ、あたし。

がれきの受け入れ拒否も、流されるまま署名したけど、

今も後悔している。

どうしてもっと、被災地の方の気持ちに寄り添えなかったのか・・。

「どうかがれきを受け入れてください」と彼らは、静かにお願いしているではないか。

セシウムだ放射能だと、神経質になるのは、これからやめたい。

だって福島県民は、そんな環境で今も過ごしているのだ。

だいたいね、あたしは隣の家からのタバコの副流煙の方が、よっぽど怖いんだよ。

目はしみるし、タバコによる肺がんになる確率は、放射線による甲状腺がんになる確率より、高いんだからね。

前に住んでた家の隣の娘さんが、甲状腺がんになったけど、手術で助かったからね。

これが、肺がんだったらどうなのか?死にいたるではないか。

現代に生きてるだけで、ダイオキシンや大気汚染だ、たくさん危険はあるんだよ。

こんな時代を強く生き抜いていかなければいけない!

原発再稼働は反対だけども、あたしは福島の人と運命共同体でいく。

どんどん福島に旅行もしたい。

「子供の安全を考えない母親」だって?

本当に子どもの未来を考えてくれるなら、文句言わず、多額の税金負担してくださいね。

どれだけ、子育てで家計を圧迫してることか。

地域みんなで子供を育ててほしいよ。

教育だって、フィンランドみたいに、どの子も理解できるような、システムにしてほしい。

いろいろ思いは尽きなくて、正直この1年、疲れました。(大病も患ったし)

でも、考えはやっと定まったので、

もう論争には乗りません。

これからは、子供と一緒に明るい未来を祈りながら、笑顔で、毎日を精一杯生きていきたい。

|
|

« 最後の苦言 | トップページ | パソコン強制終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こどもの内部被ばくは怖くって生野菜は、全品検査している生活クラブを利用中ですが・・・自分や大人が食べるものは、「東北産の肉」とか平気で食べています。
本当に原発被害は酷いと思います。
私は国道と高速道路の交差点付近の家なので、排気ガスの中で育ったけれど今のところ健康だし、確かに…今の数値が基準値より低い推移ならば、あまり神経質にはならなくてもいいかもしれないね^^;。高くなった時はちゃんとしなきゃね☆被害はあとから発見されるから、用心は大切だとは思うよ。水俣病だって先に魚に水銀が入っていると知って食べなかったら被害は少なくて済んだと思うし…。公害病とはちょっと違うけど被害がどんなふうに出てくるか、まだ未知数の中でセシウムと暮らしているというのが深刻だと思います。

投稿: Ayu | 2012年3月14日 (水) 23時27分

あゆちゃん

いつもありがとう!

放射能の被害は、チェルノブイリや広島、長崎の経緯からも、平気な人は平気で、あくまでも確率の問題なのでは?

被ばく者全員に被害が出たわけではないよね?

あんまり神経質にしてると、被ばくされてる方たちは複雑な思いなのでは・・と、胸が痛みます。

どうしても被害者側に思いを寄せられずにはいられません。

福島産拒否や、がれき処理問題で、疑問を感じ、自分の想いをはっきりさせたい、と一気に記したので、
読み返してみると、あゆちゃんを不快にさせたかも・・・と反省した部分があるの。

このブログの読者は主にあゆちゃんなのに(笑)。

というのは、あゆちゃん、愛煙家でしょ?
あたしは、美人がタバコを嗜む光景は大好きなの。
KYON2や蝶々さんも吸うしね。
だから副流煙の問題は、常に心配りをしてくれる、あゆちゃんや友人たちに対しては全く感じないんだけど、
隣の家の人さ、尋常じゃないんだよ!!
大人4人が交互にヘビーにいつでも夜中でも吸ってらして、ベランダの洗濯物や、ベランダにいる間のアタシの髪の毛が煙の臭いとなり、目が痛く苦しくて、これはどうしたものかと・・・セシウム並みに腹が立つの(笑)。

もしかしたら、あたしの記事で、あゆちゃんや喫煙家の方を嫌な思いにさせてしまったかもと、申し訳ない気持ちです。

あくまで隣のお宅のことなので・・・
ごめんなさい。

投稿: きょん | 2012年3月17日 (土) 00時53分

ぜんぜんだいじょうぶ!わたしは愛煙家ではありません…^^。
昨年の8月からこないだの夫婦喧嘩まで、完全禁煙していたのよ。(復活してる・・・とはいえ、依存はほぼなく、吸わなきゃ吸わないで一日過ぎる程度^^)。たばこのにおいがつくのはわたしもいやー。ただねぇ…お酒の席でのたばこはいいんだよね^^;。時と場合で使い分けています☆

投稿: Ayu | 2012年3月19日 (月) 19時49分

あゆちゃん

おおっ、そういえばそうだね~!
夏会った時も秋に会った時も、吸うそぶりさえ全く見せないので
「あたしが病弱だから我慢してくれてるのかな?」って思ってた(笑)。

たしなむ程度は大人女子こそ、かっこいい☆
ただあたしは本当に苦手でね~、憧れて練習もしてみたけど全然だめで、酒飲みに走りましたとさ。

投稿: きょん | 2012年3月20日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261182/44470318

この記事へのトラックバック一覧です: 1年間考えてきたこと:

« 最後の苦言 | トップページ | パソコン強制終了 »