« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

きょんの願い

勤務先はGWも暦通りの業務です。

でも嬉しいな♪ 3連休&4連休かあ♪

しかし・・忘れないようにしないとな・・この2週間で頭に叩き込んだ司法書士業務を。

凄かったよ~、今週も。

やらかしてしまいましたよ。

不動産が動いてないのに、登記申請してしまうという最大のミスを。

凍りついたなんてもんじゃない。

もうだめだ・・クビでしょ、と天を仰ぎましたよ。

でもね、先生はてきぱきと処理してくれてね・・

途中、所長が「何千万、何億というお金が動く仕事なんだからね、慎重にやってもらわないと困るんだよ。”私たてかえますよ”って腹くくれるかい?大チョンボだよほんとに。」とか、ガンガン言ってきて・・

でも、あたしの先生は文句ひとつ言わず、

「今回のことを糧にして成長していただければと思います」

って、最後に優しく微笑みながら言ってくれたんだよね・・

忙しい先生の仕事を増やしてしまったのに・・

この先生、ホント優しいの。

最初は”波長が合わないな、きっと”とか思ってたけど、

波長とかそういう問題じゃなかった。

この先生、器が大きい。

この先生のために、頑張ろうって心から思うよ。

「きょんさんを雇って良かったな」って思ってもらえるように尽くそうって、力が湧いた。

ラッキーだな・・あたしは本当に。

怒鳴りつけるようなイラついた司法書士が多い、って所長が言ってたもの。

なんかね、とにかくこの2週間、ミスというミスをし尽くした感じ。

1回でだいたい全体像を把握して、仕事のできる人っているけど、

あたしさ~、全然できないんだよね、最初は。

真面目で素直な性格だけでやってます。

得意のコミュニケーション力を活かした接客とかほとんどないけど、

やっぱり面白いんだ、登記申請業務。

司法書士、勉強しようかなって思いがまたむくむくと湧きはじめました。

つ~か、社労士試験まで4か月きった~!

やれるだけのことはやってみようと思う。

さて、先日は久しぶりのお給料をいただき、涙が出そうなくらい嬉しかった。

これから・・まあ、来年度からか、夫の扶養から抜ける・・それはつまり、

夫の会社からの毎月2万円の扶養手当、社会保険、年金がなくなり、

国民年金、国民健康保険への加入で・・正直、扶養で130万以内の稼ぎの方が金銭的にはずっと得なのかな?

人それぞれだと思うんだよね。

あたしというバカはさ、扶養内の計算をしながら、賢く働くのは無理みたい。

そういうの気にしないで、どんどん上を目指したいみたい。

なんにでもなれる、どこにでもいける・・自由な感じがする。

それで、変なやつだから、国民年金とか国民健康保険の加入が無駄なこととは思わないんだよね。

当たり前のことじゃん・・無駄使いしてるわけじゃないよん、ってね。

そもそもあたしは呆れるほど、お金に執着しない。

お金よりも”時間”が大事。

いかに豊かに時間を使うか。

疲れた~って思ったら、平気で特急やタクシーを使う。極楽だから。

お金なくても年下にはおごる、なんでもない日でも大切な人に贈り物をする。楽しいから。

そんなやつです。

まあ、ブランドとか興味ないから、そんなにお金使うこともないし・・

ただ、書籍だけには莫大に使うね!

まあ、月に1万から2万は。

前勤務先の同僚から、「きょんさんみたいに新刊を単行本でバンバン買う人見たことありません!普通図書館で借りたり、せいぜいブックオフですよ!」と驚かれたこともあるけど、

なんだろう・・人それぞれさ、お金かけるポイントって違うんじゃん?

車とか洋服とか旅行とかにお金かけるのも素敵だと思うしね。

あたしにとって、本は特別すぎるものだから。

本がなければ生きてこられなかったから。

だから今、厳しいといわれる出版業界へのエールをこめて、必ず新刊を購入してます。

まあ、そんな金銭感覚なので、あたしにとって働くということは、お金よりもトキメキ、やりがいや充実感が必要となる。

今の勤務先は、時給は安い、社会保険はひとつもない、文句を聞いてくれる人事部もない、だけど、できたらずっとこの世界でやっていきたいと本当に願ってるあたしです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

夢がつながる

想像通りの怒涛の1週間が終わりました。

この1週間気を付けたことは、とにかく0時には寝て6時に起きるということだけ。

そうすると必然的に、最低限のことしかできなくなるので、判を押したような毎日でした。

だけど、心臓はもうドキドキバクバクで・・特に初日なんて生きた心地がしなかったほど。

もう最初から、ばりばり登記申請関係入ったからね。

今は法務局に何度も出入りするなんてことはなく、全てオンライン申請なんだけど、それでも緊張するなんてもんじゃない。

ミスは許されない業務だ。

それにしても、あたしは一応MOS検定合格者で、PCスクールで一通り学んだけど、実践の経験がなかったので、先生も呆れるほど、PC操作ができない、鈍い、とろい・・で、泣きたくなり、逃げ出したくなるほどでした。

とにかく先生のおっしゃること全てをメモして、初日の夜は、復習して寝ました。

「先生もとんでもないのを採用しちゃったな・・って思ってるだろうなあ・・自分の仕事が大幅に遅れ、思った以上に手間がかかるおばさんのあたしだったから・・」

と、涙をこぼしながら眠りに就きました。

でも、事務所全体は役所みたいな堅さなんだけど、嫌な感じの方は一人もいなくて、温かい雰囲気が救いでした。

だから「今が踏ん張りどき、今が踏ん張りどき・・」と、何度も唱えて、2日3日と経つうちに・・・

だんだん楽しくなってきました♪

これだよね~、人生の醍醐味は。

そして実にあたしらしい、この単純さ(笑)。

最初の苦労もなんのその。

頑張った自分をほめてあげたい。

いや、まだまだ全然できないヤツなんだけど、

登記業務って・・・楽しいです。

うちの先生は登記屋なので、黙々と添付書類を揃え、役所や銀行、法務局、依頼人と打ち合わせをしながら、登記を完了するということしかやってない。

そんな業務内容に、地味だなあ・・あたしの描いてた法律家と違うなあと、がっかりしてたけど、

この1週間、何十件という登記申請書類を見ていたら、

そこからどんどんドラマが浮き上がってくるんだよね。

「なに、この人。全員に相続放棄させて、一人で全て相続って・・なんで?そういえばそんな悪党顔してるわ・・」

「なぬ?この若さで6400万円の不動産を購入だと?なにしてる人だろう・・」

「ほう・・、やはりあの辺の土地は人気あるのね・・」

「なになに、夫婦揃って公務員ね・・だから銀行もホイホイ貸すのね・・」

「うわっ、すげ~抵当権つけたじゃん、大丈夫かよ?」

・・・などなど、余裕が出てくると、すんごい面白くなってくる。

そして、この登記申請という権利関係をはっきりさせることができるのが、司法書士だけ、独占業務なんだという、凄さ。

なるほど、あゆちゃんのいう『ザ・職人』というわけか!

改めて、司法書士をリスペクト!

でも、こちらの事務所ね~・・

先生の義父であり、土地家屋調査士の事務所長がすでに、『地盤・看板・鞄』を築き上げててね~、

婿状態の先生に司法書士の資格を取らせ、更に事業を安定させてるんだよね。

すでに、手を組んでいる大手住宅メーカー、銀行などがあるから、強い強い!

一匹狼で開業して始めてたら、こうはいかないからな~。

更にこの夏、新しい事務所を法務局の目の前に建て、引っ越すんだと。

と、遠くなるじゃん・・(歩いて5分が歩いて20分くらいに・・)。

それで、あたしを採用したのは、

「社労士と行政書士を目指している」と履歴書に書いたことが決め手だったみたい。

従業員にどんどん資格を取らせるのが所長のポリシー。

特に行政書士は急いで取ってほしいらしい。

最終的には司法書士を取ってほしいらしい・・。

でも司法書士はね~・・仕事しながらって無理じゃね?

補助員で十分楽しいよ。

ちゃんと補助員証も司法書士会から送られてくるんだよ。

それがないと、法務局で完了謄本取ったりだとか、補助業務ができないんだよ。

先生はあたしに司法書士の実務を教え込みたいらしく、

「きょんさん、受験生時代の参考書と照らし合わせながら、それぞれの登記パターンで必要となってくる、添付書類を思い出してくださいね。そして全て覚えてください。」

えっ・・参考書って・・全て捨てましたけど。

断捨離生活なんで。

そんなこんなで、司法書士実務&その勉強一色の生活だったもんで、

・・・社労士の勉強全然できなかった~っ!

ゆるゆる、あまあまの勉強計画をもってしても、できなかった。

まあ、最初の1週間だったということもあるのだが・・。

どうしても社労士試験に合格したいという気持ちはあるので、平日は厳しくても週末とゴールデンウィークは計画を立てて、有効に使いたい。

それから、フルタイムで働くことに関しては、思ったより苦ではなかったです。

あたし今までサービス業&不定休業務しか就いたことなかったので、

平日は役所や大企業の皆様と同じように朝から夕方まで働き、土日はお休みというのが、こんなに快適なリズムだとは・・感動してます。

この週末の充実感といったら・・

いい歳して、これぞ社会人という感慨に浸っております。

毎日、超規則正しい生活です。てか、そうせざるを得ないんだけど・・。

それに、遠回りしたけど、自分の夢見た世界がつながったことに、周囲と神様に感謝せずにはいられないです。

この世界で頑張ってみようと思います。

それでは、また来週☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

夢への第一歩

ビックリです!!

司法書士事務所補助員としての仕事が決まりました☆

来週の月曜日から、平日フルタイムで働きます。

いよいよ扶養から抜け、国民年金第1号被保険者となります。

あゆちゃんからの『清正の井戸の待ち受け画面』効果恐るべしです。

あゆちゃん、あたしのエピソードも求職中の方々に話してみてください☆

あゆちゃん、本当にありがとう。

あたし頑張るね!

10名以上の申込者の中から、あたしが選ばれたのは、

まずは自宅が近いことと、やっぱり「司法書士の勉強をしていた」ということが、大きかったみたいだね。

怖いもの知らずに、やりたいことはなんでも挑戦して、全然結果を出さなかったけど、ここにきて役に立てることができたね。

当たり前なんだけど、適当女キャラは封印して、司法書士補助員としての自覚をしっかりと持ち、真面目に勤めていきたいと思います。

さて、生活が一変するので、しっかりと計画を立ててみようと思います。

まずは社労士受験について。

はっきりいって、全然勉強できなくなると思います。

消却法が必要です。

  • 『社労士V』をしっかり読み込むのはやめる。参考程度にする。
  • ウェブサイトからの問題を毎日解くのはやめる。

つまりこれからやるべきこと、いや、これしかできないことは、

  • 寝る前に必ず一問一答式を解く。
  • 日曜日の早朝に、送られてきている受験メルマガに目を通す。
  • 日曜日の午前中に模試を受けたり、過去問を解く。

のみです。

仕方ないです。やります。諦めないです。

次は毎日の生活について。

今まで以上に家事を手抜きします。

まあ、子供らのことはしっかりとやります。

しかし、毎日掃除なんてしません。

料理もそんなに凝らなくていいです。

  • 毎朝6時に起き、洗濯だけは済ませて出勤します。
  • 最低でも0時には眠りにつくようにします。
  • パソコンは日曜日の早朝のみ開きます。よってブログも週イチ。
  • 土曜日の午前中に家じゅうの掃除をします。
  • 土日の午後は、平日頑張ってくれている子供らと母に、思いきり家族サービスをします。日頃の感謝をこめて。

るんるん♪りかちゃんは、社労士試験に関して、ずっとあたしを支えてくれて、あたしの今年の合格を心待ちにしてくれてるからね。「きょんちゃんの合格祝いやろうね」って・・

りかちゃんの気持ちはあたしの原動力だから、疲労を原因に、受験から逃げたくないです。

やれるだけのことはやろうと思います。

だからネットサーフィンもブログも週1にせざるを得ず、寂しい限りですが・・・

日曜日を楽しみに日々頑張りたいです。

色々な『働くお母さん』がいる。

あくまであたしの理想は、平日ガッツリ働いて、土日は子供と遊ぶという体制。

生涯ガンガン働く女性でいくつもりです。

夢への第一歩がスタートしたのだと思います☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

夢は広がる

昨日は、求職していた司法書士事務所から、書類選考通過の連絡をいただき、いきなり面接となる、バタバタな1日になりました。

まず・・・履歴書の写真(3カ月以内に撮影したものではない)と、あまりに髪型が違うので、朝一番にいきつけの美容師さんに、バッサリ20センチ切ってもらいました。

「いいの?せっかくここまで伸ばしたのに・・・」

と、もったいなさそうに切ってたけど、

そんな感慨に浸ってる余裕なかったっす。

今となると、かなり巻き髪が気に入ってたんだけど・・・

またすぐ伸びるもん。

いや・・・40歳になるのだから、20代みたいな巻き髪はやめるべきではないだろうか・・・。

年相応に、このままショートボブでいくか。

さて、面接。

事務所は思ってた以上に自宅から近かったです。

この近さが有利に働いたのだと思います。

しかし、面接を受けてるうちに、こちらの事務所はあたしの情熱とは温度差があると感じました。

まず、登記業務しかやってないことに、思わず引く。

「債務整理とか、法律相談とかは・・・」

と、質問したら、

「いいえ、うちはひたすら不動産登記と商業登記だけの登記屋です。」

と先生。

淡々とした司法書士事務所、という感じがしたなあ。

こちらの先生は、まだ司法書士になって3年で、初めてのスタッフ募集なんだって。

奥様が土地家屋調査士なので、なにか一緒にできる資格を・・と、仕事を辞めて3年間LECでびっしり勉強し合格したんだって。すげ~・・

お子さんも小さな男の子3人で、毎日が戦争だって。

それでも、めっちゃさわやかな先生でね、伊藤真先生みたいだった。

適当女のあたしとは、波長が合わない。

でもね、だからこそ、いろいろ学べそうだなあと思った。

先生の初めてのスタッフとなって、淡々と登記屋の世界に触れるのも、貴重な経験になるだろうなあ。

なにせ、前職の塾ではウキウキチャラチャラしすぎたので。

法律関係の事務所って、そういえば多くが、ああいう固~い、真面目~な、とっつきにくい雰囲気だわ。

あたしは将来的にはそんな殻を打ち破って、地域の皆様の、駆け込み寺的事務所の一員となることを目指してるんだけどね。

しかし、そんな事務所は見たことないので、

やっぱり自分自身が開業するという夢が、ここにきていきなり広がったりね。

面白いね。

今回は、ずいぶんと応募があったみたいだから、採用されるのは難しいかもしれないけど、(一週間後に返事をいただけます)

これからも焦らず、ご縁がある方向に、感謝しながら進んでいきたいと思った。

そういえば法律事務所からは書類選考通過してれば、今日から連絡が来るはず・・・

まあ、こちらは通過可能性は10%ぐらいだね。

自分は5年後、10年後に、どうありたいかを、常に意識していれば、変な方向に行くこともないでしょう。

そして、社労士、行政書士を目指す、今の自分の方向性は、とても腑に落ちるものである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

鬼記録

昨日は、116問解きました。

理解系の正答率はずいぶん上がってるけど、暗記系はボロボロです。

語呂合わせを使ってるんだけど、昔と違って、全然覚えられなくて、びっくりしてます。

とりあえず、この過去問の正答率をほぼ100%にすることが目標。

あとは、もうすぐ始まる模試をできる限り受験する。

勉強当初は、この模試で成績優秀者を目指したいとか、ほざいてたけど、

模試の目的は『出された問題を復習すること』のみ。

過去問、模試、社労士V、サイトからの問題、やれることはこれだけだ。

さてと、お昼を食べたら、昨日以上に鬼と化す!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

受験の鬼となれ

今週は勉強に集中したい。

社労士試験まで、あと4か月ちょっと・・・

もうすぐ願書受け付けも始まります。

どうしよう・・こんなに理解できてなくて・・合格なんてありえないじゃん・・というような、上手くいってない思いでいっぱいですが、

なんか気が付けばもう、『社会保険に関する一般常識』読んでるし、

意外に全教科回してるじゃん・・

なんだかんだいっても、資格の勉強でこんなに頑張ってきたことは、今回が初めて。

その割にできなくても・・多くの受験生がこんな思いなのかも。

だからここからの時期が本当に本当に大切。

いよいよだからね・・

今から怒涛の過去問解きに入ります。

チビの幼稚園バスお迎えまでの2時間しかないけど・・・集中です。

もし近々ラッキーにも職が決まったら、それはその時に、勉強方法を考え直そうと思います。

無職の今週は、鬼の社労士受験生と化す!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

導かれてる!?

あゆちゃんからいただいた『清正の井戸の待ち受け画面』の影響かしら・・

今週だけで履歴書と職務経歴書を2通作成しました。

これで決まったら、待ち受け画面効果強し!だよお。

こわいくらいだよお。

前述した、法律事務所は速攻で履歴書送りました。

でも、よく考えてもみるとさ、

39歳で、通勤距離が遠いじゃさあ・・書類選考で落とされるわな。

この歳で、大した経歴を持ってないって、ほんと痛い。

でもね、今週末見つけた求人は、

なんと自宅から徒歩5分の、司法書士事務所!

こんなこと初めて~!

やっぱり井戸効果!?

時給800円、勤務時間8:30~17:30、と結構厳しい条件だけど、

なんてったって、近いから、即応募です。

こちらは割と期待抱いてます。

決まるか?

あとね、びっくりすることに、自宅近くに、まさに理想ともいえる、

総合法律事務所がオープンしたんだよお!

こちらは有資格者(司法書士、社労士、行政書士)を募集されてるのだ。

応募した2件が失敗しても、

この事務所目指して、頑張る。

いずれにせよ、社労士勉強に弾みをつけてくれます。

あゆちゃ~ん、ありがとう!

どのように転がっても、めっちゃ感謝です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

職探しで気付いたこと

なんか自分がよくわからない。

いや、どん底から這い上がって元気ですよ。

長男は熱でダウンしたけど。

・・・あたしって、本当はどうしたいのかなあ?

社労士と行政書士取得して、本当に独立開業なんてできるわけ?

本当にそうしたいの?

事業主様をお相手するんだよ?

・・・なんでこんな風に疑問を感じてるのかといいますと、

あたしの職探しの動向で、気づいたんだよね。

いずれは社労士としてやっていきたいんだったら、

今は、派遣のお仕事とか、短期で割の良い仕事を探せばいいじゃない?

でも、ときめく求人・・「受けたい、やりたい、この仕事!」と心から感じるのは、

どうしても、法律事務所や司法書士事務所なんですね~。

長年、司法書士目指してたから、思い入れが強いみたいで・・・

元々、多発する身内のトラブルを受けて、法律に興味を持ち始め、身近で弁護士さんのお仕事を見た時からずっと、

今でも憧れてる業界なんだよね。

裁判とか・・人生相談的な壮絶エピソードとか・・目の当たりにしますと・・

なんだろ、

魂が反応するっていうのかな、

受験業界に胸が熱くなるのと同じ感じで・・・

こういう想いが抱ける職につけたらいいな、って、やっぱりどこかで思ってるんだろうね。

だから、ダメで元々で、こちらの求人に応募してみようと思います。

まあ、90%無理でしょう。

法律事務所は滅多に出ないし、人気あるからね。

それにさ、めっちゃハードな条件で、客観的に考えたら、

通勤は片道1時間、仕事はフルタイム、残業有なんて、

かなりきついと思うんだけど、

弁護士の先生のお手伝いは、とてもやってみたい仕事です。

ときめきます。

そして、社労士や行政書士も諦めず、合格に向けて頑張れば、

法律事務所ですから、仕事の幅も広がっていくと思います。

楽天的過ぎるかな、ちょっと、ハハハ。

・・・それでやっとわかったんだけど、

あたしって、独立開業というより、法律事務所のチームの一員となりたいんだわ。

今から3年ほど前に、司法書士の補助員に応募してみたことがあるんだけど、

そこの先生と意気投合して1時間ぐらい話し込んだ中で、

「僕はいつか、この事務所を、様々な士業の方がいて、ここに来れば全ていっぺんに問題が片付くような総合法律事務所にしたいんです。」

と、先生はおっしゃってて、

あたしもそこの一員になりたい!って強く強く感じたものだ。

お仕事に関しては、一匹狼よりも、チームで動きたいし、その方が自分には向いてる・・・きっとね。

だから、今あたしがしている勉強の方向性は決して間違いじゃない。

確かに、家計は厳しいけど、やっぱり、夢に向かって妥協はしたくないなという思いをあらたにした。

どんなにかハードな仕事だとしても、自分が納得するほどときめく業界の方が、絶対に力が湧く。

困難に立ち向かえる。

頑張れる。

目指してみて、ダメだな・・合わない世界だな・・と感じたら、それはまたその時に考えればいいこと。

塾の仕事だって、それはそれはハードだったけど、

本当にときめく、素晴らしい世界にいられたことを、とても幸せなことだったと今なら素直に思う。

とりあえず、なにか、パート、という選択は、あたしにはとても心が苦しいことがわかった。

「この世界で仕事がしたい」と、思えるような職をじっくり探していきたいです。

こんな今の状態を許してくれて、あたしを信じてくれて、いつかその時を待ち続けてくれる、母や家族に心から感謝しながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

真央ちゃん

昨日が精神的落ち込みのどん底だったようで、今日から這い上がってきました。

食事もきちんと手をかけおいしかったし、勉強への意識も高く、

落ち着いて安定してきました。

夢にまで”タウンワーク”が登場してびびったけどね、

お金はないけど、あまり焦らないことにしました。

とにかく今月は何よりも社労士勉強に力を入れるべきだと、心を入れ替えました。

謙虚にこつこつと努力を重ねていきたいと思います。

さて・・・

やっぱり書いておきたいのが、フィギュアスケートのこと。

読書に並ぶ、あたしの長年の趣味ですから。

今年の世界選手権は、昔のように落ち着いた気持ちで観戦しました。

今回は真央ちゃんに対する過剰な期待がなかったからです。

この7年間ぐらい、いかに真央ちゃんへの思い入れが強かったか痛感しました。

荒川静香さんも言うように、最近の真央ちゃんはとにかく元気がなく、あたしも今シーズンの真央ちゃんはそんなに結果を出せないだろうなと予想し、ただ純粋に一番大きな大会そのものを楽しませてもらいました。

お母さまを亡くされたことが、本人は意識していなくても、想像以上に傷が深いのかもしれません・・。

6位でも、世界選手権ですし、入賞ですから、十分すごいことなんですけど、

観客の胸を打つような、真央ちゃんらしいスケートが観られなかったことが切ないです。

あくまであたしの考えで偏見かもしれないのですが、

今の佐藤コーチと真央ちゃんの相性は良くない気がします。

真央ちゃん・・・恐らくですが、2年後のソチで、あのキム・ヨナに対抗できるようにだと思うのですが、

昨シーズンから”美しいスケート”に重点を置き、

真央ちゃんらしさがなくなってしまいました。

ただ、スピンやステップなどのひとつひとつの要素のレベルは格段にレベルアップしましたので、佐藤コーチとのこの2年間は無駄なことなんかではなく、必要不可欠な、この先につながる2年間だったと思います。

でもこの先2年間で、できれば”浅田真央のスケート”を取り戻してほしいです。

彼女にしかできない、難易度の高い技の数々、

「負けるものか!私の技術と、スケートへの想いは誰にも真似できないのだ」

とでもいうような、気迫に満ち溢れた強い演技をもう一度みせてほしい。

そう、2010年バンクーバーオリンピックの時のような。

それには佐藤コーチ以外の・・・あたしの希望としてはモロゾフコーチに従事するのが良いのではないかと思います。

お前誰だよ、何様だよ、って感じだけど、

まあ、ここはあたしのブログなので、書きたいことを思いっきり書きました。

だいぶ気持ちがすっきりしてきました。

それにね・・真央ちゃんにはスケートファンとして、本当に感謝してるんだ。

こんな・・・娘を見守るような熱い想いにさせてくれて、

そしてどんな時でもシーズン欠場しなかった真央ちゃんを心から尊敬している。

こんなスケーターには二度と出会えないだろう。

真央ちゃんが現役を続ける限りは、フィギュア大会への尋常じゃない思い入れは続いていくんだろうな。

それはとてもときめく、幸せなことで・・・ファン冥利に尽きるとはこのことなんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

新年度

ペースが乱れている。

上手くいっていない。

なんか食事とか適当になってるし、生活も不規則になっている。

そして何よりお金がなくて悩んでいる。

我が家はあたしが仕事をしないと、家計が厳しいので、

すぐにでも働きたい・・・

あたしの住む地域では、あんまりあたしが望む職種の求人がないんだけど、

そうも言ってられないのかな。

せっかくパソコンできるから、できたらパソコン使った仕事がいいんだけど。

そんな時、以前勤めていた塾が、

「きょんさんが戻ってくるのを待っている。」

と、言ってくれて、できるかぎり条件ものんでくれるそうで、

ひじょ~に、迷っている。

13時から17時まで入る、と決めても、あの仕事では難しいし、

ハードな時期は、入院してしまうほど、きついものなのだ。

雇用保険に加入してないのも、不安だ。

ただ、いつも言っているのだが、あたしには本当に向いている仕事ではある。

受験業界が大好きなことと、保護者受けがすこぶる良いことは強みではある。

夫は、復帰には反対だそうだ。

母も、「9時~14時ぐらいで、近場で楽な仕事はないのか」と、無理なことを言う。

本当は今月いっぱいは社労士勉強一筋に力を入れたかったけど、

来月から払えなくなる恐れもある税金とか、塾代とか幼稚園代とかあるので、早急に就職の必要に迫られている。

相変わらずものすごく計画性が欠如しているのだ、あたしは。

勉強はこつこつ頑張っていこうと思ってるけどね。

今日で、今シーズンのフィギュアスケートも終幕を迎えたので、今年度の区切りとして、4月から新たな気持ちで挑んでいこうと思う。

心は元気なくても、頭で悩んでいても、

表面上は笑顔で明るく振る舞うようにしたい。

周囲にも迷惑かけないし、あたしの脳も「こいつ笑ってるから元気なのかな」って、勘違いしてくれるかもしれないし。

もう、軟弱になりたくない。

強い気持ちでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »