« 夢への第一歩 | トップページ | きょんの願い »

夢がつながる

想像通りの怒涛の1週間が終わりました。

この1週間気を付けたことは、とにかく0時には寝て6時に起きるということだけ。

そうすると必然的に、最低限のことしかできなくなるので、判を押したような毎日でした。

だけど、心臓はもうドキドキバクバクで・・特に初日なんて生きた心地がしなかったほど。

もう最初から、ばりばり登記申請関係入ったからね。

今は法務局に何度も出入りするなんてことはなく、全てオンライン申請なんだけど、それでも緊張するなんてもんじゃない。

ミスは許されない業務だ。

それにしても、あたしは一応MOS検定合格者で、PCスクールで一通り学んだけど、実践の経験がなかったので、先生も呆れるほど、PC操作ができない、鈍い、とろい・・で、泣きたくなり、逃げ出したくなるほどでした。

とにかく先生のおっしゃること全てをメモして、初日の夜は、復習して寝ました。

「先生もとんでもないのを採用しちゃったな・・って思ってるだろうなあ・・自分の仕事が大幅に遅れ、思った以上に手間がかかるおばさんのあたしだったから・・」

と、涙をこぼしながら眠りに就きました。

でも、事務所全体は役所みたいな堅さなんだけど、嫌な感じの方は一人もいなくて、温かい雰囲気が救いでした。

だから「今が踏ん張りどき、今が踏ん張りどき・・」と、何度も唱えて、2日3日と経つうちに・・・

だんだん楽しくなってきました♪

これだよね~、人生の醍醐味は。

そして実にあたしらしい、この単純さ(笑)。

最初の苦労もなんのその。

頑張った自分をほめてあげたい。

いや、まだまだ全然できないヤツなんだけど、

登記業務って・・・楽しいです。

うちの先生は登記屋なので、黙々と添付書類を揃え、役所や銀行、法務局、依頼人と打ち合わせをしながら、登記を完了するということしかやってない。

そんな業務内容に、地味だなあ・・あたしの描いてた法律家と違うなあと、がっかりしてたけど、

この1週間、何十件という登記申請書類を見ていたら、

そこからどんどんドラマが浮き上がってくるんだよね。

「なに、この人。全員に相続放棄させて、一人で全て相続って・・なんで?そういえばそんな悪党顔してるわ・・」

「なぬ?この若さで6400万円の不動産を購入だと?なにしてる人だろう・・」

「ほう・・、やはりあの辺の土地は人気あるのね・・」

「なになに、夫婦揃って公務員ね・・だから銀行もホイホイ貸すのね・・」

「うわっ、すげ~抵当権つけたじゃん、大丈夫かよ?」

・・・などなど、余裕が出てくると、すんごい面白くなってくる。

そして、この登記申請という権利関係をはっきりさせることができるのが、司法書士だけ、独占業務なんだという、凄さ。

なるほど、あゆちゃんのいう『ザ・職人』というわけか!

改めて、司法書士をリスペクト!

でも、こちらの事務所ね~・・

先生の義父であり、土地家屋調査士の事務所長がすでに、『地盤・看板・鞄』を築き上げててね~、

婿状態の先生に司法書士の資格を取らせ、更に事業を安定させてるんだよね。

すでに、手を組んでいる大手住宅メーカー、銀行などがあるから、強い強い!

一匹狼で開業して始めてたら、こうはいかないからな~。

更にこの夏、新しい事務所を法務局の目の前に建て、引っ越すんだと。

と、遠くなるじゃん・・(歩いて5分が歩いて20分くらいに・・)。

それで、あたしを採用したのは、

「社労士と行政書士を目指している」と履歴書に書いたことが決め手だったみたい。

従業員にどんどん資格を取らせるのが所長のポリシー。

特に行政書士は急いで取ってほしいらしい。

最終的には司法書士を取ってほしいらしい・・。

でも司法書士はね~・・仕事しながらって無理じゃね?

補助員で十分楽しいよ。

ちゃんと補助員証も司法書士会から送られてくるんだよ。

それがないと、法務局で完了謄本取ったりだとか、補助業務ができないんだよ。

先生はあたしに司法書士の実務を教え込みたいらしく、

「きょんさん、受験生時代の参考書と照らし合わせながら、それぞれの登記パターンで必要となってくる、添付書類を思い出してくださいね。そして全て覚えてください。」

えっ・・参考書って・・全て捨てましたけど。

断捨離生活なんで。

そんなこんなで、司法書士実務&その勉強一色の生活だったもんで、

・・・社労士の勉強全然できなかった~っ!

ゆるゆる、あまあまの勉強計画をもってしても、できなかった。

まあ、最初の1週間だったということもあるのだが・・。

どうしても社労士試験に合格したいという気持ちはあるので、平日は厳しくても週末とゴールデンウィークは計画を立てて、有効に使いたい。

それから、フルタイムで働くことに関しては、思ったより苦ではなかったです。

あたし今までサービス業&不定休業務しか就いたことなかったので、

平日は役所や大企業の皆様と同じように朝から夕方まで働き、土日はお休みというのが、こんなに快適なリズムだとは・・感動してます。

この週末の充実感といったら・・

いい歳して、これぞ社会人という感慨に浸っております。

毎日、超規則正しい生活です。てか、そうせざるを得ないんだけど・・。

それに、遠回りしたけど、自分の夢見た世界がつながったことに、周囲と神様に感謝せずにはいられないです。

この世界で頑張ってみようと思います。

それでは、また来週☆

|
|

« 夢への第一歩 | トップページ | きょんの願い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

happy01うんうん。いい記事よませていただきました♪
そう、「地味で地道」が書士のイメージで、ざ・職人☆
意外だったのが、「行政書士」が役立つの???へぇ~☆
日々の充実が伝わってきましたup

投稿: Ayu | 2012年4月22日 (日) 13時16分

あゆちゃん

いつもありがとう♪

行政書士・・司法書士業務に役立つというより、事務所自体に貢献出来るみたい。

事業設立の申請とか、初めの一歩を行政書士に任せて、いざ設立の登記、となったら、もちろん司法書士の出番、とね。

司法書士として、行政書士との連携は有利みたいだし、あたしとしては、更にその後は、社労士業務につながるんじゃない?と楽観的憶測があって・・だって、登記までさせてもらったんだからさ、その会社とずっとお付き合いしたいじゃない。

まあ、あたしの勤める事務所の場合、とにかく登記業務をワンストップでやりたいみたいだね。

投稿: きょん | 2012年4月29日 (日) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261182/44976465

この記事へのトラックバック一覧です: 夢がつながる:

« 夢への第一歩 | トップページ | きょんの願い »